カテゴリー「家族」の7件の記事

2011年2月22日 (火曜日)

20回目ドラの日

今年も無事に一緒に迎えることができたドラの日(ネコの日)

_mg_3774

お天気も良く、少し暖かいので気持ちよいのか外に出てきました。

_mg_3772

足腰が弱って、段差が苦手になった今でも時々こうして庭に下りてボーっとしてる後ろ姿。

_mg_3773_2

この頃は寝てる姿をみるほうが多いので起きている姿をみるとそれだけで嬉しいような気分になります。

↓先日バレンタインデーに雪が積もった庭で遊ぶはなを家の中から威嚇するドラ爺さん。

P1110869

2月も残りわずか・・・

3月までの自治会班長菜どの当番もあと少しの任務。引き継ぎ作業を前に少しバタバタした日が続いてます。

今日はボランティア当番で参加したサロンで面白いものを作りました

_mg_3779

ひな祭りに向けて、はまぐりの貝を使って「ひな人形」

_mg_3780

「2月は逃げる」というようにほんとにアッという間に逃げて行く・・・

| | コメント (4)

2010年12月 5日 (日曜日)

使える食材

師走とは思えないポカポカ陽気の中

窓辺でドラが

_mg_3702b_2

座ったままウトウト居眠り。。。

今年のクリスマスイブが来ればドラが我が家に来てからちょうど20年。

イブの夜、拾われて来た時に目は開いていて掌サイズだったから生後2週間ほどだったとすればドラの誕生日は12月10日前後かも。。。

もうすぐ20歳

ピーク時に8キロあった立派なボディー、すっかり痩せてしまった後ろ姿だけど

_mg_3706_2

昨日錦織公園で見かけた猫ちゃん達と比べるとまだ肉付きはいいかもね。。。

高齢のドラにとって季節の変わり目は順応しにくいので要注意です。

タイトルの「食材」はコチラ↓

Img_0304_2

はなゴハンに利用できる乾燥の「おからパウダー」と高野豆腐のすりおろしてある「粉どうふ」

早速はなゴハンに使ってみました~。

今回は出汁を採るパックの中身も利用。このお出汁パックは「昆布・しいたけ・かつお」だけで塩分が入ってないので我が家では愛用中。

Img_0305_2

鶏肉とひじきの団子スープ煮

Img_0314_2

団子(鶏胸肉ミンチ・ひじき・ごま油・白米・乾燥おから・玉子)スープ(人参・キャベツ・出汁パック中身)

具だくさんのお団子を味見・・・

Img_0307_2

お米も入ってるので食べ応えあるはず。

大掃除を進めながら冬支度も着々と・・・

Img_0316_2

タイヤ交換終了~。

| | コメント (6)

2010年11月17日 (水曜日)

あれから3ヶ月

今から3ヶ月前の話

実家のマルチーズ(ミッキー 2001年1月1日生まれ)が亡くなりました。

5年ほど前に心臓病であることが解り、毎月通院して検査と投薬治療を受けてきました。時々発作が起こるくらいで、とっても元気な男の子。

歳を重ねる毎に発作の起こる回数が増えてきたので病院の先生からは「なるだけ安静に、あとは食事内容には気をつけて塩分を控え、体重管理してください」と注意を受けるようになりました。

今年8月9日

お盆休み前にいつものように通院しました。病院から家に戻った途端玄関先で突然倒れ、慌てて病院に引き返し精密検査した結果、肺に水がたまってると・・・

そのまま入院させて点滴で肺の水抜きをする事に。順調に水は抜け、翌日には退院。

この時、先生に言われたのは「相当程度悪いです。いつ何が起こっても不思議ではない状態です。お薬の量を増やしていきましょう。できるならゲージなどの中で絶対安静を保ってください。」

病院から戻り、すぐゲージを買いに走りました。

ただでさえお薬を嫌がるミッキー。量が増えてさらに飲ませるのは大変。さらに10歳にして生まれて始めてのゲージになかなか慣れてくれません。

いつ発作が起こるかドキドキしながら過ごした数日間。

ですが発作も起こすことなくホッと一安心。

万が一発作が起こった時にはお盆休み中も日曜以外は病院で診てもらえるというからちょっと安心。

ただ夜間は玉造の夜間救急センターへ・・・との事

8月16日 夜10時すぎ

外出先から戻り、鍵を開けている途中に自宅の電話が鳴りました。

慌てて出ると「ミッキーが発作で、今から連れていく」と。

私達も慌ててまた車に乗り込み夜間救急センター(ネオ・べッツVRセンター)へ向かいます。

病院に着くとミッキーは診察中、検査中です。1時間ほど待たされ先生に呼ばれ丁寧に状況説明を受けました。

肺水腫の再発です。

「空気中に居てもまるで水中で溺れているかのように呼吸がしにくくて大変苦しいはずです。今はなんとか落ち着きましたがここでは夜間しか預かることができません、明朝必ずお迎えに来てください。そしていつも通院してる病院へ連れていってください。」

その日撮影したレントゲンや先生の所見などをいつも通ってる病院宛に持参できるように揃えていただき、さらにいつも通ってる病院宛へ連絡まで入れてくださいました。

説明を受けた後、短い時間だったら顔を見ることができるというので診察室内へ入ると

そこには酸素を注入したボックスの中で点滴(水抜き)を受けながらも尻尾を振ってるミッキーが居ました。

大人しく、落ち着いてるように見えたので一安心し

帰りました。

翌朝、到着を待っていたかのようにそのまま息を引き取りました。

ミッキーの病気は僧帽弁閉鎖不全からくる肺水腫。

僧帽弁閉鎖不全は小型犬に多く見られる心臓病なんだとか。

昨年11月に一足先に旅立っていったチーちゃんの事が大好きだったミッキー。チーちゃんがいなくなってから寂しい思いしたはず。

たまにはなと一緒に行くお散歩ではいつもより長いお散歩。

P1110181b

クルマに乗る事が嫌いで、ほとんどおでかけもせず、写真を撮られる事も嫌いだったミッキー。

最後のミッキーの写真は今年の4月、いつものお散歩コースに咲いてた桜の下で撮った一枚。

P1110198b

頭では解っているけど

あまりにも突然の死だったので、亡くなってからの時間が経つごとに想いが募ります。

| | コメント (0)

2010年2月22日 (月曜日)

今日の主役は・・・

ネコの日、主役はドラちゃん↓

Dscn2954

今年も無事、一緒に迎えることができました。

そういえばここ数年、ネコの日は少し暖かくてお天気も良い。

Img_2921

日向ぼっこしてる様子を毎年カメラに収めてるような気がする・・・

今年の12月にはいよいよ20歳になるドラ。

Img_2898

窓の外を眺める後ろ姿が「おじいさん」

Img_2968

この一年も病気や怪我をすることなく、無事に過ごせました。

春はもうすぐ、寒さもあと少し!

Img_2940

19年前のクリスマスイヴに片手の掌に乗るほど小さく、息も絶え絶えだったドラは拾われて家族の一員に。

よく「ネコ派」だとか「イヌ派」だとか言いますが、私は「ドラ派のはな派」

Img_2978

また来年も一緒に「ドラの日」を迎えられますように・・・

| | コメント (6)

2009年11月26日 (木曜日)

推定15歳

今から約15年前の話

年の暮れ、雨が降る中をとぼとぼと歩くコロコロの仔犬と遭遇

車道に飛び出さないか心配しながら見てたけどそのまま放っていく事ができずに自転車の前かごに乗せて自宅に戻り

怪我してないかチェックし、お風呂に入れて、乾かして、ご飯食べさせて・・・

次の日から飼い主さん探しが始まりましたが結局見つからず

そのまま一緒に生活することになったワンコ。

それが「チーちゃん」(ミックス・女の子)

自転車に乗せて帰ってきたのは姑。

長年外飼いだったチーちゃん、大きな病気も怪我もなく、穏やかな性格で、猫に引っ掻かれたりしたことも・・・

雷が怖くて、大雨の日には玄関の中に入れてもらってたことも。

後から家に迎えられたマルチーズ(男の子)とも仲良くできて、そのまた後からちょくちょく遊びにくるようになったはなには厳しい指導も加えつつ、受け入れてくれた優しい子。

高齢になって足腰が弱って、後ろ足に若干震えがでてきた2005年秋、生活拠点が室内に変わりました。

おでかけをしたことなかったチーちゃんを連れてはなと一緒に天橋立にドライブしたのが↓2006年2月

Img_1333b

少しづつ試練がやってきて・・・

あれほど怖かった雷の音に全く反応しなくなって

飼い主の声も届かないように・・・

2007年4月↓完全に聴力を失くしてしまった頃。

P1000073b

この頃に急に元気が無くなり、病院で詳しく調べたところ子宮の病気が発覚。

病院の先生の勧めで摘出手術を決定し見事成功。

一時は歩くことすらままならなかったのにヨチヨチ歩きながらお散歩できるように回復しました。そしてこの手術の際に肝臓の機能障害が発覚、毎月一回は病院で血液検査&投薬治療が始まりました。

その後、壁や家具に度々ぶつかるようになって

ご飯の時にもお皿の場所はなんとなく解るけどよくはずしてしまうように・・・

2008年3月↓こんなにクリクリした目だけど視力まで無くなってしまった頃。

P1010015b

追い討ちをかけるように乳腺にたくさん発見された腫瘍、続く手術に体力が付いていけるか心配されましたが見事に乗り越えてくれました。

そして今年に入ってからは方向感覚が全く無くなったような感じでクルクルと同じ場所で回転したり、壁にぶつかっても戻ることも回避することもできなくなって一日のほとんどをベッドで過ごすように・・・

2009年4月↓歩く時も頭がずっと下がったままの状態になってしまった頃。

Dscn1024b

この頃からお散歩に出ても上手く排泄ができなくなって、オムツをするように・・・

今年秋、部屋の中でも度々転倒してしまい起き上がれなくてパニックになることもしばしば。

2009年11月23日(祝)急に呼吸が苦しそうになってきたのを心配し、翌朝一番に病院に連れていこうとしてたそうです。

翌24日(火)、病院に連れて行く準備しながら苦しそうなチーちゃんを抱いていた姑の腕の中で一回、大きく深呼吸したまのを最後に旅立って行きました。

最後の二日間だけはお散歩もできず、

食事をしなかったのは最後の一日だけでした。

チーちゃんに関してはどこで生まれたのか、どうして雨に中歩いてたのか、本当の誕生日はいつなのか、兄弟はいたのか・・・・・誰も知りません。

15年の間、家族の中でとっても大きな存在でした。

| | コメント (6)

2007年3月17日 (土曜日)

最年長

我が家で最年長なのは「ドラちゃん」(猫・♂)16歳なので人間でいえばかなりのおじいさん。

Img_1792

カーテンがかかっても気にせず窓の外を眺めてます

カーテンの中がどうなってるか気になったので覗いてみると・・・

Img_17977

網戸に顔をひっつけて、外の空気を味わってる様子。

とてもお天気がよかったので午後から平城京跡までおでかけです。ドラちゃんの分まで走ってきました

Img_36566

視線が釘付け!

Img_36688

やっぱり釘付け!

この視線の先は・・・

Img_3641_1

ボールでした♪

今夜はまたまた「男の料理」(最近ちょくちょくしてるような気もする・・・)

今夜のメニューは「男のカレー」ということで、材料をスーパーにお買物。

そこで発見したモノがコチラ↓

Img_1808

イギリスの「シェアウッド カレーペースト ホット」というカレーペースト(イギリスとカレーがイメージ繋がらなかったんだけど・・・・)

これで作った「男のカレー」はとても辛口になりましたが美味しくできました。なかなか見かけないけど「ホット」以外もあれば是非試してみたい商品です。

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水曜日)

コマッタコマッタ

奥さんダウンで困ったワン

Img_1322_1 

誕生日まであと一日

| | コメント (6) | トラックバック (0)